賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸住宅を退去する際は、少なくとも年末の大掃除と同じくらいの規模で念入りに掃除をしておきましょう。

Hot Topics
賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸住宅を退去する際は念入りに掃除を

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅を退去する際に、どうせ貸主がハウスクリーニングをするから、と考えて全く掃除をしない人がいます。確かに貸主は入居者が入れ替わる時に掃除をしますが、だからといって掃除をしなくても良いという話にはなりません。敷金が戻ってくるかどうかに関わらず、マナーとして最低限の掃除はしてから退去するべきです。もちろんプロの業者のようにピカピカにする必要まではありません。できる範囲で構いませんので、年末の大掃除と同じくらい気合いを入れて取り組みましょう。お互いに気持ち良く契約を終了するためにも、この程度の労力を惜しんではいません。

賃貸住宅の原状回復義務は、通常使用による損傷を含みません。つまりクロスの汚れ、テーブルの足による凹み、畳の日焼けまではそのままで良いです。通常使用による汚れであっても、キッチンの油汚れや風呂、トイレの水垢はできる限り掃除するのがマナーです。普通に暮らしていても定期的に掃除をする場所ですから、退去時に念入りに清掃するのは当たり前です。キッチンの換気扇もかなり油で汚れていると思いますので、油汚れ専用の洗剤で綺麗にしておきましょう。食べこぼしにしみは借主の過失ですので、できる限り落としておきましょう。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅の悪い所と良い所 All Rights Reserved.