賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸契約をしていくと契約金の振り込みをしていくことが大事で、毎月家賃の振り込みをしなくてはならない

Hot Topics
賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸でまず契約金の振込をする

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸契約をしていくと契約金の振り込みをまずしなくてはなりません。そして実際に契約をして住み始めた後に、毎月家賃の振り込みもしなければなりません。そして振込のときは振込先に間違いがないかどうかと言ったことをしっかり確認していく必要があります。そして多くの場合、契約金の振込先と家賃の振込先は違う口座が指定されていることでしょう。こうしたことに気が付かず契約金の振込先の毎月家賃を振り込んでしまえば、自分では支払っているつもりでも催促が来たりするといったトラブルも発生します。

そして不動産会社側からすれば、会社で所有をしている口座の全体をチェックするような体制になって居るようならもしも間違えた口座に家賃の振り込みがされていたとしてもそれに気がつき対処すると言ったことが可能です。ですが、もしも口座の種類により管理している部門が違ってくるような会社の場合、間違った口座に振り込んでしまえば、その後の処理に時間がかかってしまうことが予想され、上記のトラブルが起きてしまうことも考えられます。振込先を間違えないようにしていくには、ちょっとした注意をしておけば特別難しいといったこともなく、余計な面倒になることがないように確認をしておくことが大事です。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅の悪い所と良い所 All Rights Reserved.