賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸借契約時には保証人をつけますが、保証人代行会社に依頼をすることもあります。それについて書いてみました。

Hot Topics
賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸住宅における保証人代行会社について

このエントリーをはてなブックマークに追加

保証人代行会社というものがあります。その名の通り、代わりに保証人になってくれる会社のことです。会社ですから、サービス内容などはそれぞれの会社によって違うものの、保証人を代わりに勤めるという部分は一緒です。それではどういう場合に保証人代行会社が活躍するのでしょうか。

ふつう賃貸借契約を結ぶ時には、保証人をつけるのが一般的です。しかし保証人の支払い能力というものは、時が過ぎれば変わっていくものです。とりわけ不況の時代にあっては、保証人が失職してしまったりなどで支払い能力がなくなってしまうということもないわけではありません。そういう場合には、契約上では保証人であっても、入居者に何かあった場合、家主は保証人から保証を受けられなくなってしまいかねません。ですから、契約時にあらかじめ保証人代行会社に加入を義務付ける大家さんがいるのです。そうしておけば、もしものことがあっても安心だからです。

それから不動産会社が保証人代行会社への加入を勧めてくることもあります。中には親が高齢だったり、遠隔地に居たりなどで、保証人を付けることができない人もいるのです。そういう時に保証人代行会社に加入をさせて、入居審査を通過しようということです。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅の悪い所と良い所 All Rights Reserved.