賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸で引越しを進めていく前に証拠の写真撮影をしておけばとても役立てることが借り、トラブル防止になる

Hot Topics
賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸物件で引越しの前に写真撮影

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ賃貸物件への引越し、そして一人暮らしの始まりとわくわくしている気持ちでほとんどの方は引越し作業をするでしょう。ですが、後のトラブル防止のために引越しの荷物を搬入し始める前に、まず室内の写真を取っておくようにします。そしてどうしてそのようなことをしなくてはならないのかといえば、それは退去痔のためで、入居するときにもうそうしたことを考えなくてはいけないのかと思う方もいるでしょうが、実はこれはとても大事です。例えば床に傷がついてしまったら、もしもこの傷が引越し作業中ついたものならば修理費用を負担しないといけないかもしれません。

ですが引越し作業前のものなら前の入居者など自分以外の方が付けた傷といったことになり、負担の必要がないです。そのことを証明するための証拠として写真をとっておくと間違いないというわけです。そしてチェックしておきたいのは、床の傷や壁の汚れやタイルの美々で、さらにほかにも気になる部分があれば記録しておき、できれば写真以外に、間取り図にもどこの箇所にどういった傷や汚れがあったかといったことを記入しておけばいいでしょう。そして、記録用の写真に日付が入るような設定にしておき、日付がいつのものかわからなければ厳密にいえば証拠にならないからです。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅の悪い所と良い所 All Rights Reserved.