賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸の敷金返金はいくら返金されるのかなど色々な点でトラブルになりやすく現状は修繕の費用を差し引いた分返金される

Hot Topics
賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸物件の敷金返還の時に

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸の敷金の返金はトラブルの発生しやすい部分で、そもそも敷金の返金がしっかりされているのかどうか、いくら返金されるのか、いつ返金されるのか敷金について色々な点でトラブルの発生につながりやすいです。そして現状は、敷金は退去時に貸主が負担するクリーニング費用や修繕費用を差し引いた分が返金されるようになり、このクリーニング費用や修繕費用は納得いかないと、返金されたとしてもそれが妥当なものかどうかといったことがわかりません。

そこで必ずほしいのが、クリーニング費用や修繕の費用の明細で、しっかりと敷金の返金をしてくれる業者や貸主なら、この明細はわかり次第すぐ郵送などの方法で届けてくれるでしょう。ですが中には明細の発行もしないで、ただたんに差額分の返金だけを行って行くところもあり、そうなってしまえば、いったい自分が何に対して修繕の費用を負担しているのかといったことがわかりません。そして、もしかすると貸主側で負担をする必要がないものまで負担をしている可能性があったりします。そうした疑いを排除するために明細は必ずほしいものです。そして、もしも明細が届かないといったことがあれば不動産会社に問い合わせて送ってもらうように依頼してください。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅の悪い所と良い所 All Rights Reserved.