賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸住宅に入居するとなったら、仲介手数料を払うのが一般的ですが、もはやこの習慣は過去のものになりつつあります。

Hot Topics
賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸住宅における仲介手数料の仕組み

このエントリーをはてなブックマークに追加

仲介手数料とはどんな仕組みなのでしょうか。ふつう賃貸で部屋を借りる時、部屋探しを手伝ってくれた不動産会社に仲介手数料を支払うのが一般的です。その相場はおおむね家賃一か月分に消費税をプラスしたものです。しかし仲介手数料は、何も借主が全額負担をする必要性のあるものではないのです。

つまり家主にも、一種の支払いの義務があるのです。仲介手数料は本来、新しい入居者と家主との折半で支払われるべきものなのです。法律の規定上もそのように支払うようにと記載されているのです。それが入居者だけが支払うように限定されているのは、いわば暗黙裡に支払いを承諾してしまっているからなのです。仲介手数料は双方の合意のある場合に限って一方に全額を負担させることができるのです。賃貸契約書には、入居者が全額負担をする旨が記載されています。その契約書にサインすれば、当然支払いに同意したことになってしまうのです。

しかし現在では、仲介手数料が無料、または半額、という物件も少なくなくなってきました。これは一種の企業努力の賜物であり、新しい入居者を少しでも確保するため、家主がこうしたサービスを展開するようになったのです。つまりそれまで入居者が全額負担をしていたところを、家主が負担するようになったのです。ですから、仲介手数料が無料だからと言って、おいしい話であり過ぎると不安に陥ったりする必要はないのです。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅の悪い所と良い所 All Rights Reserved.