賃貸住宅の悪い所と良い所

物件のリフォームで、大家さんが借り手の要望を取り入れる物件もあり、賃貸の場合、長く住んでもらえるメリットあり

Hot Topics
賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸物件のリフォームについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

システムキッチンや洗面台の種類を選んだり、壁紙やタイルなど自分の好みに応じてリフォームすることが出来れば理想の暮らしの実現の為にはいいことで、土地があれば一から自由の設計図が描けることで戸建てが自由度高いです。分譲のマンションでもお金をかけてリフォームをすることによって、外建てほど自由ではないものの、好みの間取りに造り替えることもできます。又、賃貸の場合は好みの物件を探すのが基本的な考えになり、選ぶことはできても造ることはできませんでしたが、しかし、最近では物件のリフォームする場合、大家さんが借り手の要望を取り入れる物件も出てきています。

当然、物件によっては異なりますが、キッチンやトイレの水回りの位置や部屋の壁紙の色を自由に決めたり、借り手の意見を聞き入れて決めるケースもあります。そのほうが重要に合った物件に造り替えることで借り手が気に入った物件にすることで長く住んでもらえるメリットがあります。このような取り組みは他の賃貸でも多く入居者が自由にリフォームしてよい物件として応募の倍率が増えるというケースもあります。又、建築に興味を持つ若い方が自分達のアイデアや工夫で古いアパートの大家さんに、再生案を提案して大家さんの費用負担で実行するケースもあります。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅の悪い所と良い所 All Rights Reserved.