賃貸住宅の悪い所と良い所

敷金と礼金は賃貸物件を借りるときに必要になってくる費用ですが、何に使われるのかといったことを知る

Hot Topics
賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸の敷金と礼金は何に利用されるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

敷金と礼金は賃貸物件を借りるときに必要になる費用で、これはいったい何に使われるのでしょう。まず敷金はもしもの時の充当金として貸主が預かっておくお金で、預けていると言ったことのみで、本質的には自分のお金であり、軽や卯所をもらうときに領収書などもありますが、敷金に関してだけは預かり証となっているはずです。そして万一入居者が家賃お支払いをしなかったりマンションやアパートに損壊を加えてしまうことがあった時に、敷金からその分金額を充当することが可能です。

また、そうした問題がなく退去して行くときは、最後のクリーニング費用や交換の必要な部分御費用に敷金の一部充て、残りを返金すると言ったことが通常です。ですが、敷金はその返金を巡りトラブルが起きやすいところでもあり、そもそもまったく返金してくれるようなそぶりがない、クリーニングや原状回復の費用の内約を教えてくれないなどが原因のトラブルが多いです。そして礼金はこれは単純い貸主への報酬と考えることがよく、礼金がのどってくるといったことはありませんし、ただ単に払っておしまいです。そして、慣習的な費用といったことで一部の地域で礼金について見直されていたりしていますが、多くの不動産会社ではこれまで通り礼金の支払がある場合が多いです。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅の悪い所と良い所 All Rights Reserved.