賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸の希望の物件が見つかれば、見直してもらいたいところがあり、物件の家賃はその地域の相場より高いことがわかる

Hot Topics
賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸で相場の面で見直しておきたいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

希望の物件を見つけられたら、これで一人暮らしができると意気込んで居る方にもう一度見直してもらいたい所があり、その物件は果たしてあなたの身の丈に合う物件でしょうか。多くの方が賃貸物件に希望する条件を総合していくと、家賃はとても高くなり、建てられてからできるだけ新しい、風呂トイレ別、2回以上、オートロック、フローリングなどの希望を兼ね備えた物件は確かにあります。ですが、それらの物件の家賃はその地域の相場よりとても高いです。もしも家賃が高くてもそれを支えるだけの収入があれば問題はないです。そして問題はそれを支えるだけの収入がないときです

家賃の目安は月収の30%までと言われており、月収30万円ならば9万円月収20万円ならば6万円、月収15万円ならば4万5千円と言ったことが目安です。そして希望の物件探しをするときに、この月収からの家賃の目安をまず計算すると分かりやすいですし、自分の経済力でどのぐらいの物件に住めるのかといった目安になります。そして不動産会社でも審査があって、そこで収入がわかる書類の提出を求められます。基本的に定期的な収入があれば収入の面で審査に落ちると言ったことはほとんどないようですが、それでもあまりに収入と住みたい物件の陳がかけ離れているようなときは担当影禦からほかの物件の紹介があったりします。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅の悪い所と良い所 All Rights Reserved.