賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸で連帯保証人は責任が重くなり、契約者が払ってくれなければ、連帯保証人が支払うことになる

Hot Topics
賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸で連帯保証人は重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

連帯保証人と聞くと、そうしたものにならないほうがいいにきまってるといった印象がありますが、よくドラマや映画で借金の連帯保証人になっていたばかりに人生をダメにしてしまう主人公が描かれているイメージからかもしれません。ですが賃貸物件の連帯保証人と聞くと、動もそこまで重たい印象に感じない方が多いです。そして不動産会社で契約書の作成や契約者や連帯保証人の方とのやりとりをして感じたことは賃貸物件だから連帯保証人といっても大した責任ではないといった認識を持っている方が多かったです。

そうした方に、ぜひ契約書の内容を読んでもらいたいですが、賃貸物件御連帯保証人は責任が重いです。そして、まず一番重い責任は契約者本人が家賃を滞納した居たときに連帯保証人には代わりにそれを支払っていく義務があります。そして契約者が再三にわたる催促に一向に応えようとせず、連絡も取れないような状況であれば連帯保証人へ連絡をするといったことがあります。そして、最初から連帯保証人委支払いをお願いするといったことは私の勤務していた不動産会社ではなかったですが、もしも契約者がこのまま支払いをしてくれなければ連帯保証人お貴方に支払ってもらうことになり、契約者に連絡をしてもらえないかといった内容の電話や通知をしていました。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅の悪い所と良い所 All Rights Reserved.