賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸で鍵をなくしてしまったとき、営業時間内であれば不動産会社へ連絡をして交換してくれることがわかる

Hot Topics
賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸で鍵をなくしたときには

このエントリーをはてなブックマークに追加

もしも鍵を外出先でなくしてしまい入れなくなってしまったときは、普通ならば鍵屋さんを呼びます。そして賃貸物件の時も夜遅いといったことや朝早いなどそうしたときにはまずとりあえず鍵屋さんに会場をお願いしてみればいいでしょう。ですが、その場で鍵の交換はしないでください。そして鍵がなくて入れないと言ったことに気が付いたのが昼間で不動産会社の営業時間内であれば、まず不動産会社へ連絡をしてみればいいでしょう。もしくは貸主が同じ建物に住んでいるときは、貸主に相談をしてみましょう。

そしてどうして鍵屋ではなく、不動産会社や貸主に相談するのかといえば、実は不動産会社や貸主は物件の鍵を管理しているからで、管理の契約がどうなっているかによって、鍵を保管しているのがどちらかと言ったことは違ってきますがかならずどちらかが保管しているはずですから、営業時間内ならば対応してもらえることが可能でしょう。そしてその後の対応は、鍵をなくしてしまった後は鍵交換をすることになり、これも不動産会社など管理会社の下でして、やはり交換後のカギも管理会社で保管できるような形となります。そして、もしもお部屋へ帰るとスペアの鍵がまだあるので鍵交換しなくてもいいといった風に考えていてもおそらくほとんどの不動産会社は鍵交換をしていくようになるでしょう。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅の悪い所と良い所 All Rights Reserved.