賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸で普通借家契約と定期借家契約の2種類の契約があるといった音がわかり、内容が違っていることがわかる

Hot Topics
賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸で2種類の契約の形式がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件を探していると、普通借家契約と定期借家契約といった2種類の契約の形式があるといったことに気が付くでしょう。そしてわざわざ違った名前の契約があるといったことは、その内容も違うということで、普通借家契約は、いわゆるイメージする賃貸契約と考えてもらえればいいです。そしてほとんどんケースで契約金は2年となり、更新をすることで契約の延長をすることができます。そして解約をしてみたいときは、契約書に定められている方法にのっ取りの申し出ることになって、その方法は解約をしたい日の1か月前以前に書面で通知をするといった方法が一般的です。

一方で定期借家契約は契約期間が定められているタイプの賃貸契約で基本的に更新はなく、例えば2年の定期借家契約のときは2年間経過すればその契約が終わります。もしも貸主、借主双方の条件が一致すると再契約といった形で再び期間を定め契約することはできます。そして定期借家契約の時も解約をするときは契約書に定められている方法で申し出ることになります。この2つの契約の違いを知らずに賃貸物件探しをしてしまえば、せっかく希望の物件胃会えたのに、そこに長く住めないといった状況になってしまうでしょう。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅の悪い所と良い所 All Rights Reserved.