賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸物件を借りるとなれば、様々なお金が必要となり、状況によっては準備が必要になる事もあります。

Hot Topics
賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸物件に住むために必要な費用

このエントリーをはてなブックマークに追加

これから賃貸物件を借りるとなると、楽しみも多いですがお金の面もしっかりと考えなければならないです。特に、賃貸物件の契約に至れば敷金や礼金などの初期費用がかかります。一般的に敷金や礼金は家賃の1ヶ月から2ヵ月分とされていますので、最大家賃の4ヵ月分を準備する事が必要になります。

そして、初期費用はそれだけではないです。入居をするとなれば、ハウスクリーニングをしてもらったり、鍵を交換してもらったりします。そちらの費用も自己負担になりますので、その分も費用としてかかります。また、仲介会社に支払う仲介手数料などもあります。家賃の半分から1ヵ月分くらいかかりますので、そちらのお金についても準備が必要です。なかには、仲介手数料が全くない所もありますし、インターネット回線を新規で申し込めば仲介手数料がタダになるという所もあります。上手く使う事によって初期費用を少なくする事も可能です。

最後に、引越しをするとなるとお金が必要になります。住む場所によって家賃は異なりますが、家賃の5ヵ月分から6ヵ月分を準備しなければならない事もあります。その為、いきなり引越しをするという事は難しいです。貯蓄をためてから引越しする事が大切です。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅の悪い所と良い所 All Rights Reserved.