賃貸住宅の悪い所と良い所

和洋折衷な和モダンな賃貸物件について。設備は充実しているけれど、畳がある和を感じられる物件もおすすめです。

Hot Topics
賃貸住宅の悪い所と良い所

和洋折衷な和モダンな賃貸物件

このエントリーをはてなブックマークに追加

畳がある賃貸は落ち着くかなと思いますが、その一方、フローリング人気はかなりのものだと思います。やはり畳だと古い、築年数が長いというイメージがありますよね。でも、あえて畳を使っている、和洋折衷な和モダンのお部屋だと、かえって新鮮だと感じられるかもしれません。設備の充実しているきれいなお部屋に畳があるとかえって高級感も感じられるんじゃないでしょうか。布団派の方にもいいですよね。床の上にラグを敷いて、その上に布団、というより、畳の上に布団を敷いたほうがやはりしっくりくるというものです。

冬はコタツ派、という人にもいいと思います。もちろんフローリングでもコタツは楽しめると思いますが、畳のお部屋にコタツをおいたらやっぱりしっくりくるというものですよね。一気に冬を満喫できるほっこり空間ができちゃうと思います。設備は最新のものがあるとやはり便利ですが、和の良さは引き続き持ち合わせているというお部屋はいいなと思います。夏だって畳のほうが熱こもりにくそうな感じがしますよね。感触だって、畳ならではの良さがあると思います。設備が充実した新しいお部屋となると、畳のお部屋は少なくなってきていると思うので、逆に貴重な物件なのかなと思います。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅の悪い所と良い所 All Rights Reserved.