賃貸住宅の悪い所と良い所

十分なバイク置き場のある賃貸住宅は数が少ないので、条件を絞ってじっくり探すことが大切です。

Hot Topics
賃貸住宅の悪い所と良い所

バイク置き場のある賃貸住宅

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイク置き場のある賃貸住宅は、まだまだ数が少ないのが現状です。駐輪場ありの物件でも、自転車だけしか置けないことが多く、またバイク可の物件でも、50ccまでしか認めていない場合がしばしばあります。バイクは自転車よりもスペースを取る上に、駐輪場を汚したり騒音の元になったりするため、家主に敬遠されがちであると考えられます。

バイク置き場があっても屋外だと、雨や風でバイクが傷みやすくなります。屋内であっても死角が多いと、イタズラされたりパーツを盗まれたりする危険があります。オートロックの屋内駐車場があれば、このような心配はなくなりますが、そこまで都合の良い物件はなかなか見つからないのが普通です。バイクを置く場所がないなら、住宅とは別にバイク用の駐車場を借りるしかありませんが、その負担は小さくありません。

バイク置き場のある賃貸物件を探すなら、とにかく数を当たってみるのが早道です。バイク可かどうか分からなければ、とりあえず交渉してみるのも一つの手です。場合によっては立地条件で妥協したり、部屋の広さを犠牲にしたりする必要があるかもしれません。愛車のために我慢できること、できないことを決めてから、腰を据えて部屋探しに取りかかりましょう。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅の悪い所と良い所 All Rights Reserved.