賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸経営オーナーにとって、安定的に賃貸経営をするために重視すべき内容について説明いたします。

Hot Topics
賃貸住宅の悪い所と良い所

賃貸経営において重要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸経営を安定的にするために、オーナーとして重視すべき点について説明いたします。賃貸経営において空室率や入居率という数字を重視される方が多いです。入居率は直接家賃にも影響するために、その数字を上げるために日々努力をされていますが、重視すべきは既に入居している方の満足度を維持することです。

長く入居してもらうためにはまず入居者の要望に応えて不満を解消することが重要です。入居者へのサービスに無関心でいると、次第に入居者の不満がたまり、物件の評価も低下し、ゆくゆくは入居率の低下に繋がる恐れが出てきます。賃貸物件の入居率を高めるために、オーナーはどうしても新規入居者に対して関心がいく傾向にありますが、入居稼働率を考慮すると、既に住んでいる入居者に長く住んでもらう努力をすることの方が稼働率は高くなります。

最も恐れたいこととして、入居者の不満が表面化する時は、複数の入居者の我慢が限界に達し、最終段階に入っている時です。我慢に我慢を重ねたうえで見切りをつけて転居を考え、次に住む住宅の段取りがついた頃には、オーナーがどんなに取り繕っても収拾がつかなくなってしまったケースです。今後の賃貸経営では高品質な設備が設置されたアパートやマンションであっても、入居者に対するサービスがおろそかになると物件の評価を下げるのは時間の問題です。日本の住宅は既に余っている状態なので、より高品質、高サービスの住宅を求める傾向にあるのは当然のことなのです。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅の悪い所と良い所 All Rights Reserved.